<< September 2017 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


If you want to be updated on this weblog Enter your email here:



rss feed



Tuesday, January 22, 2008
1月22日

ペットサロンの利用者はペットブームの波に乗って年々増えています。一般的に、ペットサロンといえば、犬や猫などのシャンプーやトリミングを行う、ペットのための美容室を指しますが、最近の傾向は少し異なります。顧客のニーズの多様化に合わせてペットホテルを併設したり、ペット商品を販売するなど、幅広いサービスを提供するペットサロンが多くなっているようです。ペットショップと区別がつかないところもたくさんありますね。

ペット保険とはあなたのペットがけがや病気、避妊手術や他の人やペットに噛みついたりした時などに必要になった医療費を人間の場合と同じように支払い金額を一部負担してもらうことで飼い主の負担を軽くするというものです。

ペットと一緒に心地よく過ごせるペットサロンならば最高ですが、中にはトラブルに発展するペットサロンもあるので注意が必要です。熟練のトリマーがいない、あるいはしょっちゅうトリマーが入れ替わるお店は安心してペットを任せることはできないですね。また、ペットの美容を手がけるお店であれば、店内を清潔に保っているのは当然のこと。不衛生な環境では思わぬ病気をもらったりすることもあるので、注意が必要です。 

ペットを火葬する場合、まずは近くのペット霊園、ペットセレモニーを探しましょう。ペット霊園、ペットセレモニーによって、特に大型の犬などの場合、大型の火葬炉が設備されていないところもあるので注意が必要です。行く場合は事前に確認してから行くことをおすすめします。

ペットのための葬儀が普通に行われるようになった近年、葬儀の仕方もさまざまですが、ペット専門の火葬炉もさまざまなものが登場しているようです。最近では、人間と同様に環境問題のも配慮した製品が多く出ているようです。今後もペットの火葬炉の需要は高まっていくでしょう。

白馬はペットと泊まれる宿も多いですが、なんといっても白馬の魅力はその自然でしょう。白馬はスキー場でとても有名ですが、白馬連峰へのトレッキングをはじめ、ゴンドラから見る景色はすばらしいものでしょう。民宿街には温泉も充実しているので自然を満喫した後に立ち寄ることも可能でしょう。

あなたがペット保険に入る前にぜひやっておきたい確認事項があります。それはペット保険の対象になるペットの種類やけが・病気の種類、掛け金の額や掛け捨てか否か、ペット保険に加入出来る年齢制限などです。最近はペット保険会社も沢山出来てきて、中には悪徳業者もいるそうです。しっかり確認して納得してペット保険に入りましょう。

ペットと泊まれる宿は白馬でも多くなっているようです。近年のペットブームより全国でペットと泊まれる宿は増えている傾向にあります。白馬の魅力はやはりその大自然、といえますが、ペットと一緒に楽しめるバーベキューなどが特に人気となっているようです。

ペットはあなたの家族と同じ、パートナーと同じ、子供と同じ大切な存在です。ペットも長生きするようになってきて、人間と同じように癌や心臓病、痴呆や白内障などの病気になるようになりました。治療や入院などが長期間に渡り、医療費が家計を大きく圧迫することも珍しくありません。安心して治療に専念するためにもペット保険はこれから必須です。

ペットサロンに限らず、「サロン」という名前をつけているお店はたくさんあります。よく知られているところでは、エステサロン、ヘアサロンなどでしょうか。この「サロン」の言葉の由来は、応接間や談話室を意味するフランス語の「Salon」であると言われています。フランスの貴族たちは宮廷の応接間や自分の宅邸でお客を招いて優雅なおしゃべりを楽しんでいたことから、華やかな雰囲気を持つ「サロン」が美容を取り扱うお店に多く使われるようになったわけです。

ではペット保険にはどのような種類のものがあるのでしょうか。大きく分けると割引き型と給付型に大別されます。割引き型は動物病院で治療を受けた後で、加入しているペット保険の会員証を提示することで医療費を割り引きしてもらうペット保険です。給付型は動物病院で獣医師に診断書や診療明細をもらい、指定の申請書に記入し給付申請をした後に給付金が後日振り込まれるペット保険です。

通常のペットセレモニー、ペット霊園ではペット専用の火葬炉が完備されているところがほとんどですが。場所によって、納骨までできるところ、慰霊碑を設置できるところ、墓地まであるところなどその種類はさまざまなようです。利用する場合は事前に確認することをおすすめします。

ペットの葬儀が増える中、ペット専用の火葬炉を製造する会社も多くなっています。火葬炉の種類は小型から大型までさまざまですが、ペットセレモニーによって設備は違うようです。無煙無臭、ダイオキシンを発生させない環境に配慮した火葬炉の人気が高くなっているようです。

最近のペットサロンはトリミングだけではなく、泥エステやアロママッサージなど、人間に対するのと変わらないサービスまで提供するところも出てきました。そのうちペットと一緒に人間もエステやアロママッサージを一緒に受けることができるサロンが出てくるかもしれないですね。まだペットサロンを利用したことがなければ、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

白馬のペットと泊まれる宿は、アットホームな宿が多い印象です。ペットは小型犬から大型犬まで、猫も宿泊可能の宿が多くなっています。ペットの宿泊費は別途支払うケースが多く、料金は500〜1000円前後となっているようです。オプションでペットと一緒にバーベキューなどを楽しめる宿が多くなっているようです。

白馬はペットと泊まれる宿も多いだけでなく、自然が豊かな観光地でもあります。長野オリンピックのジャンプ競技場やオリンピックの熱い思い出を結集した記念館なども人気の場所のひとつです。ペットと一緒に自然を探索しながら、観光も楽しむことができる白馬をおすすめしたいと思います。

クレジットカード-1 クレジットカード-2 クレジットカード-3 クレジットカード-4 クレジットカード-5
 クレジットカード-6 クレジットカード-7 クレジットカード-8 クレジットカード-9 クレジットカード-10
クレジットカード-11 クレジットカード-12 クレジットカード-13 クレジットカード-14 クレジットカード-15

Posted at 11:44 am by lispadon